お酒以外にもアルコールが含まれている!食べ物や飲み物を調査してみました!

5月初旬 大高山総合公園のなんかの花

こんにちは!なっとらあ麺です!

GWが終わり、気温が上がってきましたね!

外出する場合は日射病や熱中症に気を付けて下さいね。水を入れた水筒やタンブラーを持ち歩いた方が良いでしょう!

今回はお酒以外にアルコールが含まれている商品について調べてみました!


最初に結論!

  • 果物にもアルコールが微量含まれており、過去にオレンジで子供の肌が赤くなった報告があった
  • 果物以外では栄養ドリンクや奈良漬にもアルコールが含まれている(しかし食べた直後でも無い限り呼気検査で引っ掛かる事は無い)
  • その他口内ケア製品であるマウスウォッシュに洗浄用として入っている

果物にアルコールが入っている!?

実は果物の中に微量のアルコールが含まれている事があります。

1991年に子供がオレンジの果汁で酔ってしまった事例から各果物に含まれているエタノール(アルコール)含有量を調査した論文から引用すると、

日本産のみかん、はっさく、夏みかん、いよかん、いちご、りんご

米国産のオレンジ、レモン、グレープフルーツ

フィリピン産のバナナ

ニュージーランド産のキウイフルーツ

以上11種類の果物のうち、平均エタノール含有量が一番高かったのがオレンジだった。

キウイフルーツ及びオレンジ以外の果実はエタノール含有量がほとんどの検体で0.1%以下だった。

キウイフルーツはエタノール含有量が0.18%、0.23%の検体があった。

オレンジは27検体中3検体が0.21、 0.31、 0.71%と比較的高い含有量であった。(要約)

※ここで言うエタノール含有量はアルコール度数とイコールではない事に注意

J-STAGE 果実中のエタノール含有量の実態調査 より引用(リンク先はPDF形式なので注意)

果物が発酵する過程でアルコールが生成されるのは知っていましたが、影響が出るほどアルコールを含んでいる果実があるとは思いませんでした。

事例ではアルコールに敏感な体質である子供だったのでオレンジ果汁を使用したジュースを飲ませても問題無いとは思いますが、知っておいた方が良いと思います!


他には栄養ドリンクや奈良漬に入っている

果物以外にアルコールが入っているものとして、栄養ドリンクや奈良漬けがあります。

しかし食べたり飲んだりした直後に呼気検査をしない限り問題無いです。

奈良漬や栄養ドリンクを摂取した後、
呼気アルコール濃度の調査や運転シミュレータ実験を行った。
結果、摂取後20分後の呼気アルコール濃度について検知器で検知されることは無く、
運転シミュレータ実験でも摂取していない場合との大きな違いは見られなかった。(要約)

警視庁 アルコールが運転に与える影響の調査研究の概要 より引用(リンク先はPDF形式なので注意)

奈良漬けのアルコール度数は約5%とビールに匹敵しますが、飲料では無い為たくさん食べないと酔う事は無いです。漬物をたくさん食べるのは中々大変だと思います…

特に栄養ドリンクを50本以上飲んだりしない限りは呼気検査には引っ掛からないでしょうね…

余談:食品ではないものだとマウスウォッシュがある

食品ではない物で口の中に入れるものとしてマウスウォッシュ等もありますね。

エタノールで口の中を除菌するために入っているのだと思います。

ロケットニュース24にマウスウォッシュでアルコール検知器に引っ掛かるかの記事がありますが、

食事後にマウスウォッシュした後すぐに検問に引っ掛かり呼気検査をしない限りは大丈夫でしょうね。


おわりに

今回は道じゃない

今回はお酒以外にアルコールが含まれている商品について解説しました。

果物にアルコールが含まれており、特にオレンジにはアルコールに弱い子供に影響が出るほどエタノールが含まれている可能性があるのは衝撃的でした!

家で果物をミキサーにかけてジュースを作る際や、果汁100%オレンジジュースを購入した際は匂いを嗅いで、アルコール臭が無いことを確認した方が良いと思います!

また栄養ドリンクや奈良漬けにアルコールが含まれていますが、警視庁の調査結果では摂取後20分後の呼気アルコール濃度について検知器で検知される事は無かったので安心してください!

お酒は程々に楽しく飲んでいきましょう! なっとらあ麺でした!