ワインが好きな人の場合の減酒の仕方を解説!ノンアルコールワインを上手に使って減酒しよう!

こんにちは!なっとらあ麺です!オリーブやお肉などに合わせると美味しいワイン!

今回はそんなワイン好きの方のための減酒の仕方を解説しようと思います!


最初に結論!

  • 水やノンアルコール飲料で交互飲みをする事で、二日酔いを防ぐ効果量を誤魔化す事で減酒効果が期待出来る。
  • ノンアルコールのワインを使用して休肝日を設けるのもオススメです!

水やノンアルコール飲料との交互飲みがオススメ

ビールが好きな人の場合の減酒の仕方を解説!水やビールテイスト飲料を上手に使おう!の記事でも解説した通りですが、水やノンアルコール飲料との交互飲みをするのが良いでしょう。 

水で量を誤魔化してビールの飲酒量を減らす効果がある

交互飲みは飲酒ペースを落とす事にも繋がります。ビール単体で飲むより交互飲みは時間がかかるため、時間の関係で飲むのを止めないといけない状況や飲み疲れの状況を作りやすくなり、結果的に飲酒量を減らせるのです!

ビールが好きな人の場合の減酒の仕方を解説!水やビールテイスト飲料を上手に使おう! より

ワインを飲みながらおつまみを食べた後、口の中をリセットするために水を飲むのもいいかもしれませんね!


ノンアルコールのワインを使って休肝日を設けるのもアリ!

ノンアルコールワインといっても色々な種類があり、発酵したワインからアルコールを抜いて作る方法アルコールを生成させない方法の二種類があります。

ノンアルコールワインとは、その名の通りアルコールの含まれていないワインのことです。

アルコールが含まれていないこと以外は、通常のワインと同様の香りや味わいを堪能できます。

ワインだけに限らず、ビールやカクテルのようなほかのお酒でもノンアルコールで製造されたものも少なくありません。

アカデミー・デュ・ヴァン ブログ ノンアルコールワインとは?2種類あるのはご存知ですか? より引用

ぶどうジュースのような果実感溢れるものや、発酵し香り高いものノンアルコールで楽しめます!

週に1日か2日「ノンアルコールワインの日」を設けて、通常のワインとの違いを楽しみながら減酒を目指しましょう!


おわりに

今回の記事は主にワインを飲んでいる方向けの減酒方法を書きました!

ワインはポリフェノールや健康に良いと言われていますが、やっぱりアルコールが入っているので肝臓や腎臓にダメージがあるので程々にしたいですね!

いつまでもお酒を楽しむことが出来る様に、しっかりとお酒をセーブして日々を楽しく過ごしましょう!

お酒は程々に楽しく飲んでいきましょう! なっとらあ麺でした!

おすすめ記事