お酒の度数を減らすと減酒効果があるのか?工夫をしないと減酒は出来ません!

こんにちは!なっとらあ麺です!

飲み会で1つのお酒しか飲まない人を見たことは無いでしょうか?私はひたすらビールだけ頼んで飲んでいる人を見たことがありますね。それだけビールが大好きなんだと思います!

今回は飲んでいるお酒の度数によって飲酒量が変化するのか記事にしてみました!

是非最後まで見てくださいね!


最初に結論!

  • 飲酒量にアルコール度数は関係なし
  • 時間を掛けて飲む事やアルコールでは無い飲み物との交互飲みで減酒を心がける

飲酒量にアルコール度数は関係なし

アルコール度数が高いお酒を好んで飲む人は、低いお酒を飲む人と比べて飲酒量(アルコール摂取量)が多いわけではありません。

ビールだけ飲む大酒飲みの人より焼酎だけ飲む大酒飲みの方がお酒が強い訳では無いですからね。

(一種類のお酒だけ飲んでいる人はかなりの量を飲むイメージがあります…)


ゆっくりと飲んだり、水などの交互飲みで減酒を心がけよう!

アルコール度数に関係なくゆっくりと味わって飲む事や、アルコール飲料以外の飲み物と交互飲みすることで摂取アルコール量を抑える事が可能です。

アルコールが身体に回る時間は30分程であり、お酒を飲み始めてから30分間は酔いの気持ち悪さも無いためドンドン飲む事が出来ます。

悪酔いしてしまったり、次の日に二日酔いになった場合は確実に飲酒のしすぎなので、お酒を飲むペースはしっかりと守りましょう!

※アルコール飲料以外の飲み物との交互飲みで減酒する方法については以下の記事をご覧下さい!

ビールが好きな人の場合の減酒の仕方を解説!水やビールテイスト飲料を上手に使おう!

ワインが好きな人の場合の減酒の仕方を解説!ノンアルコールワインを上手に使って減酒しよう!

※ウイスキーやサワーの素で減酒する方法については以下の記事をご覧下さい!

お家でお酒を減らす方法!ウイスキーや○○サワーの素など、割って飲むお酒に変える!


おわりに

お酒の度数を減らすと減酒効果があるか記事にしました!

飲んでいるお酒の度数が高いからといって飲酒量が増加するわけでは無く、度数が低くてもグイグイ飲めてしまいます!逆に低アルコール度数の方がアルコール臭が少ないため逆に飲めてしまうかもしれません!

べろべろに酩酊するだけがお酒の楽しみではありません!お酒の香り、旨味、のど越しを楽しむ事こそが減酒の第一歩と言えるでしょう!

ストレスのはけ口や心のスキマを埋めるためなどネガティブな事にお酒を使わず、スポーツを楽しんだ後や目標を達成した後などポジティブな事にお酒を使って下さいね!私からのお願いです!

お酒は程々に楽しく飲んでいきましょう! なっとらあ麺でした!

おすすめ記事